最近何かと話題の健康食品。その中でも人気の出ている
「にんにく卵黄」や「フコイダン」それぞれに関連する様々な
情報をご紹介しています!

カテゴリ

 にんにく卵黄とは?

 にんにく卵黄の歴史

 にんにくと卵黄の効用

 にんにく卵黄の活用法

 にんにくの薬効

 フコイダンとは?

 フコイダンの効果

 フコイダンの飲み方

 フコイダンの選び方

リンクについて

当サイト「にんにくDEスタミナチャージ」はリンクフリーとなっております。
ご自由にリンクをお貼り下さい。

バナーが必要な方は以下のバナーをお使い下さい。

リンクフリー

にんにくの豆知識

にんにくには、自分の細胞内に分解酵素アリイナーゼという物質を潜状させることによって、他の動物などからやたらと食べられないようにしています。

動物がにんにくを食べたりしたら、その臭いや辛い味によって食べる気を起こさせないようにしているのです。

この分解酵素アリイナーゼという物質こそ、あの強烈なにんにくの臭いのもとなのです。

にんにく卵黄DEスタミナチャージ!!

はじめに

人々は古くからクレオパトラや楊貴妃のように、いつまでも若く健康でありたいと願い、自然界のさまざまな植物や、昆虫、動物を活用してきました。

最近では、医学や科学の進歩によって、病気や老化の原因が解明されていくにつれて、病気になって薬を飲むよりも日頃から健康に良い食品を摂取して、病気を予防したいと考える人が増えてきているようです。

その一方で、食生活が豊かになるにつれて、肝機能障害、生活習慣病や肥満などが増加し、動脈硬化や肥満を防ぎ、免疫力の増強効果などがある食品へのニーズが高まってきています。このように、健康の保持増進に様々な効果を期待して摂取しているのが「健康食品」です。

様々な健康食品がある中、最近人気が出てきている「にんにく卵黄」や「フコイダン」「ノニジュース」「青汁」といった健康食品。これらの健康食品にはどのような効果があるのでしょう・・・。当サイトでは、にんにく卵黄やフコイダンが体にもたらす効果や選び方、意外と知られていないにんにくと卵黄のパワーなどについてご紹介していきたいと思います。

では先ず、ニンニクの薬効や活用法についてご紹介する前にニンニクについて先にお勉強していきましょう。

にんにくとは?

にんにくはユリ科の多年草で、一名をオオニンニク、古名をオオビルと言います。原産地は中央アジアまたはインドなどとする説もあるようですが、野生植物が発見されていないため必ずしも明らかではありません。

鱗茎は扁球状に肥大し、放射状に着生した4〜10数個の鱗片から成っていて、鱗茎は白または帯紅色の被膜に包まれ、葉は扁平で長く先は尖り、青白色を呈しています。花茎は円く高さ30〜60cmに直立、先端に散形花序をつけますが、花はつけずに先端に珠芽を生ずることもあります。

にんにくの産地

「にんにく」って、どこのものでも同じだと思いませんか?輸入品は中国産が多いのですが、日本国内でも美味しい「にんにく」がとれる場所があるんです!某メーカーの栄養補助食品でもお馴染みの青森県産の「にんにく」は、とても美味しいと評判です。

日本でのニンニク生産量の70%を占めているのは青森県とされています。その県内でも特に田子町、十和田市などで多く作られているんです。高級品として名高い「にんにく」ブランドは青森県内はもとより全国的にも知られているようです。

そのほかにも、青森県以外にニンニクの産地として挙げられるのは、生産量の多い順に岩手県、香川県、秋田県、福島県などです。

おすすめWEBサイト 5選

これからのステンレスキッチン

ステンレスキッチン カウンター

鹿児島の引っ越し業者【赤帽トップ運送ホームページ】

2015/4/24 更新